西オーストラリア、ロットネスト島

ロットネスト島ってどんなとこ?

ロットネスト島はパースの海岸線から沖合18kmのインド洋に浮かぶA級自然保護指定の国立公園。島には手つかずの自然が数多く残っており、年齢を 問わずに誰もが島を満喫できるアトラクションを提供しています。島内にはロットネスト島だけでしかご覧いただけない貴重な有袋類「クオッカ」のほか、独立 した環境の中育まれたユニークな動植物、エメラルドグリーンに輝く海と純白の砂浜が数多く存在しています。

10月から11月の間にはこの島でしかご覧いただけない固有種のワイルドフラワー、ロットネストアイランドデイジーやコースタルグランドセルをご覧 いただけ、また、周辺の入り江にはバンドウイルカ、オットセイも生息しており、9月から11月にかけては3万頭にも及ぶザトウクジラもご覧いただけます。 島内には約63箇所ものビーチがあり、島全体が暗礁にかこまれているため、遠浅で穏やかな海で海水浴やシュノーケリングをお楽しみいただけます。また、海 水温もメインランドと比べ4度~5度ほど高くなっているため、隠れたダイビングスポットとしても人気を集めています。

ロットネスト島では一般の車両の乗り入れが禁止されているため、バスツアーやレンタルサイクルを利用しての散策が人気のアクティビティーとなってお り、インド洋から吹く爽やかな風を浴びながら楽しむサイクリングや動植物を観察しながらの散策は他ではできない貴重な経験です。その他、トロッコ電車や海 洋生物を見て回るエコボートツアー、遊覧飛行などもお楽しみいただけます。また、島内は風力発電を利用した電気供給、塩水を淡水化して利用する施設や独自 のリサイクル方法などをもって運営されており、自然をとても大切にする地元のオージー達のエコアイランドとして、長く愛され続けています。

Sign up to our newsletter to keep up to date with our latest specials and more!
Newsletter
Join us online